2008年07月06日

Musique-hall "Le judas" 2008

no image

コシミハル ミュージックホール「覗き窓」
音楽ファンはもとよりコンテンポラリー・ダンスからバレエ・ファンまで、そのスタイリッシュで洗練されたオリジナリティ溢れるステージに、多くの人たちが惹きつけられ、高い評価を得てきたコシミハルの“ミュージック・ホール”シリーズは、今回で8回目を迎えます。‘08年8月にリリースされるニュー・アルバム「覗き窓」の楽曲、ワルツ、ポルカ、スウィングなどノスタルジックなリズムと旋律に溢れるシュールなシャンソン・リテレールを中心に、フランス近代音楽(ダリウス・ミヨー、フランシス・プーランク)などを交え、ノスタルジックで美しいコケットリーな世界へと誘います。


日時:2008年8月8日(金)・9日(土) (開場18:30/開演19:00)
会場:新国立劇場・小劇場(東京都渋谷区本町1−1−1)
出演:コシミハル(ヴォーカル、ダンス、ピアノ、アコーディオン)
森本京子(バレリーナ)、青木由香(バレリーナ)、柴田みよ子(バレリーナ)
坪井隆明(ファゴット)、有森直樹(ピアノ)

演出:コシミハル 舞台美術:小竹信節 照明:関根聡(ABC)
舞台監督:塩谷憲彦  音響:アコースティック/スパーブ
ヘアー&メイク:森川丈二(gem) 衣装:島袋理可 馬渕紀子
主催:テレビ朝日 企画制作:ミディアム/チェス 
運営:サンライズプロモーション東京


料金(税込・全席指定):前売\6,500.- 当日\7,000.-
チケット一般発売日:6月21日(土) 
チケット取扱先: 
e+(イープラス)  http://eplus.jp
チケットぴあ   http://pia.jp/t   0570-02-9999(Pコード:388-025)
ローソンチケット  http://l-tike.com/ 0570-000-777(音声対応) 
0570-084-003 (Lコード:78771)
CNプレイガイド  0570-08-9999(オペレーター対応)
お問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00〜19:00)
posted by admin at 03:08| musique hall

2006年06月21日

Musique Hall


no image

シャルル・トレネ、リュシエンヌ・ボワイエ、
ジョルジュ・オーリック、ダリウス・ミヨー
・・・・そしてオリジナル
古き良きパリのミュージック・ホールのように様々な音楽と共に
コケットリーなダンスで綴られるパフォーマンス!
no imageno image
no imageno image
no imageno image
posted by admin at 09:02| musique hall

2006年06月13日

コシミハルのミュージックホール (可児市文化創造センター 大石時雄氏)

2000年2月、世田谷パブリックシアターという新しい劇場で、コシミハルのミュージックホール“ペリカン通り殺人事件”が上演され、その舞台を当劇場の制作スタッフとして観た私は、コシミハルが創り出す世界に魅了されてしまった。それ以来、ミュージックホール・シリーズは、世田谷パブリックシアターの自主事業・音楽企画の柱として現在も年1作品の上演が続いている。

 一般的なコンサートは、オープニングから2〜3曲が演奏された後1回目のMCが入るように構成されている。少なくとも私はそう思っていた。しかし、ミュージックホールはそんなこともなく、ちょっと長めの曲も短い曲もコシミハルの歌とダンス、ファゴットとピアノの生演奏、時折バレリーナとダンサーが舞台に花を添えるように現れて、淡々と、一つ一つの作品を大事そうに置いていくかのごとく進んでいく。ひとつの曲が終わって拍手をしていいのか悪いのか観ている私には判らない。

 舞台から何一つ強制されることなく時間と楽曲が過ぎていくのだが、どう受け止めていいのか判らないうちにいつの間にかコシミハルの世界に惹きこまれて、居心地良く客席に座っている自分に気がつくのである。

 アッという間に終わった。最後の曲であろうと思われたときには、恥ずかしい話しだが胸のあたりに熱い感じがしていた。素直に心を動かされていた。コシミハルのただのファンになっていた。劇場の、若くは無い制作スタッフとしては、後で少しばかり悔しい思いもあったが、なぜかこのミュージックホールにだけは、掛け値なしに好きになってもいいと自分に言い聞かせ、今もお付き合いさせていただいている。

 ここ数年の音楽シーンでは、どんな歌詞が歌われているのか聞き取れないのが流行っていたり、振り付けも歌もスピード溢れるものばかりで、40歳を越えてしまった者には、もういいかなって手をつけがたい感じがしていた。ひと昔の詩のリメイクも流行っているみたいだが、多くは自分たちの想い出が商品化しているようで嬉しくない。確実に齢を重ねているのだと思うが、生きている間はやはり音楽を楽しみたいと思うし、出来ればCDやMDからだけでなく時にはライヴにも出かけたい。そう、私のように大人になってしまった者が、居心地良く、素直に楽しめる、そんな音楽とダンスを繰り広げてくれる舞台芸術作品が、コシミハルのミュージックホールだと、自信を持ってお薦めする。
(2003年2月・可児市にて)
posted by admin at 20:00| musique hall

Musique Hall 2003レポート


甘美とアバンギャルドが融合

 たるませた布の一群が舞台で滑らかな弧を描く。重力の作る、単純だが完ぺきな美しさに目を奪われていると、コシが、かれんでセクシーな衣装で登場。アコーディオンを抱えつつ、ささやくように歌う。曲によっては、バレリーナらと共に軽やかに踊る。
 心地よい揺れを誘うワルツや、胸弾ませるスイング。ヒップホップに象徴される強く激しいリズムがはやる日本の音楽界では、耳にする機会の少なくなった繊細で優雅な曲が次々と流れる。パリの古いミュージック・ホールにいるかのような錯覚に陥った。
 選曲の軸は、三月に出した新作アルバム「コルセット」の収録曲。さらに、「聞かせてよ、愛の言葉を」や「ムーラン・ルージュの歌」などシャンソンの代表曲を加えた。
 演出は甘美なだけではない。「ピカルディーのバラ」では、いすの上に立ち、背もたれに足をかけるとそのまま倒れた。危険な行為をほほえみながらこなす。「ミロワール」では、バレリーナらが縄などを用いて隠微なエロスを醸し出す。よく練られたエンターテインメントであり、アバンギャルドでもある。その融合に幻惑された。
 一九七八年にデビュー後、テクノなどを経てたどり着いた独自の境地。戦前の古い音楽や映画に触発されながら構築する音世界は、フランス人よりもフランス的だ。演出はもちろん、衣装や装置、小道具に至るまで美意識が行き届いている。
こんな舞台に、二十一世紀の東京で触れることができたことを、うれしく思う。
 
 大野 宏 
−四日、東京・世田谷パブリックシアター 

読売新聞 夕刊 2003年3月17日(月曜日)付
この記事・写真等は、読売新聞社の許諾を得て転載しています。
この記事を無断で複製、送信、出版、頒布、翻訳等著作権を侵害する一切の行為を禁止します。
読売新聞社の著作物について:http://www.yomiuri.co.jp/copyright/index.htm
posted by admin at 19:58| musique hall

Musique Hall Data1998-2005


"RODEO DE PARIS"
コシミハル ミュージックホール “ロデオ・ド・パリ”
1998年1月17日(土)
世田谷パブリックシアター
出 演:コシミハル(ヴォーカル、ダンス、ピアノ、アコーディオン)
堀内かおり/青木由香/森本京子(バレリーナ)久保ゆかり(ダンサー)
越康寿(ファゴット)フェビアン・レザ・パネ(ピアノ)

"RODEO DE PARIS 2"
コシミハル ミュージックホール “ロデオ・ド・パリ2”
1998年12月4日(金)
世田谷パブリックシアター
出 演:コシミハル(ヴォーカル、ダンス、ピアノ、アコーディオン)
堀内かおり/小関暁子/大関路佳(バレリーナ)久保ゆかり(ダンサー)
越康寿(ファゴット)フェビアン・レザ・パネ(ピアノ)

"L'Assassinat de la rue du Pe´lican"
コシミハル ミュージックホール “ペリカン通り殺人事件”
2000年2月26日(土)
世田谷パブリックシアター
出 演:コシミハル(ヴォーカル、ダンス、ピアノ、アコーディオン)
森本京子/青木由香/小関暁子(バレリーナ)久保ゆかり(ダンサー)
越康寿(ファゴット)フェビアン・レザ・パネ(ピアノ)

"Frou-Frou"
コシミハル ミュージックホール “フルフル”
2001年12月21日(金)・22日(土)
世田谷パブリックシアター
出 演:コシミハル(ヴォーカル、ダンス、ピアノ、アコーディオン)
森本京子/青木由香/柴田みよ子(バレリーナ)久保ゆかり(ダンサー)
越康寿(ファゴット)有森直樹(ピアノ)

"CORSET"
コシミハル ミュージックホール“コルセット”
2003年3月4日(火)・5日(水)
世田谷パブリックシアター
2003年3月14日(金)
可児市文化創造センター 小劇場
(可児市制施行20周年記念事業 可児市文化創造センターオープニングプログラム)
出 演:コシミハル(ヴォーカル、ダンス、ピアノ、アコーディオン)
森本京子/青木由香/柴田みよ子(バレリーナ)久保ゆかり(ダンサー)
有森直樹(ピアノ・世田谷)堂坂清高(ファゴット・世田谷)
須江太郎(ピアノ・可児市)笹崎雅通(ファゴット・可児市)

" le judas "
コシミハル ミュージックホール“覗き窓”
2005年7月16日(土)
アートスフィア(天王洲アイル)
出 演:コシミハル(ヴォーカル、ダンス、ピアノ、アコーディオン)
森本京子/青木由香/柴田みよ子(バレリーナ)久保ゆかり(ダンサー)
有森直樹(ピアノ) 吉村貴弘(ファゴット)
posted by admin at 19:51| musique hall